直木三十五は大衆文学の登竜門として多くの人々に認知されている「直木賞」に不滅の名を残す作家です

大阪市南区(現在は中央区)安堂寺町ニ丁目に古物商の長男として生まれ 地元の桃園小、育英高等小学校、旧制市岡中学を経て早稲田大学に進み その後、翻訳本の出版や映画制作、文芸雑誌の編集等をしつつ、三十一歳の頃から本格的に執筆活動を始めました

そして代表作「南国太平記」で一躍時代の寵児となり、大衆文学という分野で確たる地位を築きましたが わずか四十三歳で夭逝しました
その翌年に友人でもある菊池寛の呼びかけで「直木賞」が設けられ今日に至っております
しかしながら、現在ではその作品が読まれることは稀になり、>直木三十五を知る人もそれほどに多いとはいえません 功績を称えた文学賞である直木賞は知らぬ者がないほどに有名であるにもかかわらず 直木三十五はあまりにも無名であり ここ大阪でも生家近くの榎大明神(榎の大樹で地域の土地神様)の側に文学碑を残すのみです

そこで私達は直木三十五にゆかりの深い空堀界隈の、直木三十五も通った桃園小学校跡地横に「直木三十五記念館」の設立を思い立ちました この場所で直木三十五の業績を紹介することにより、地元に直木三十五という才能あふれた作家がいたことを再認識することはもとより 直木三十五を通じて、様々な文化や情報を発信可能な拠点として活用できるのではないかと思います

また記念館は直木三十五の人となりを反映できるような、人をひきつけてやまない魅力と、幅広い興味や好奇心を喚起できるものにし 地域からも親しまれる記念館として空堀のまちづくりを担う施設計画を進めて行きたいと考えています

直木三十五の没後七十年の祥月命日にあたります本日、記念館設立準備委員会を立ち上げ、その一歩を踏み出しました 少しでも多くの方々のご賛同とご支援をいただきまして、活動の輪を大きくして広く世の中にこの運動を知っていただき 「直木三十五記念館」の設立が実現しますようご協力をよろしくお願いいたします

平成16年2月24日


直木三十五記念館設立準備委員会


呼びかけ人

難波利三(直木賞受賞作家)・藤本義一(直木賞受賞作家)・眉村 卓(作家)・団 鬼六(作家)・秋田光彦(大蓮寺住職/應典院主幹)・河内厚郎(関西文学編集長) 豊竹英大夫(文楽大夫)・松井 治(桃園小学校同窓会長)・八木ひろし(元大阪府議会議長)・北川 央(大阪城天守閣主任学芸員)・正岡 明(正岡子規研究所主宰)

直木三十五記念館設立準備委員会


福山琢磨(新風書房)・桧山邦祐(著述業)・藤田富美恵 (童話作家・空堀在住)・二村善明、二村知子(隆祥館書店) 藤井薫(大阪府教育委員会事務局)・大阪まちプロデュース・上町台地からまちを考える会・まちづくり工房 からほり倶楽部(六波羅真建築研究室・株式会社応用社会心理学研究所・山根エンタープライズ株式会社・有限会社CASE/まちづくり研究所・ノースフォーティー・ニエダ設計)